減らすことの大切さ 番外編 11/13

ひと粒で仕事中の夜食です

先週、昆布屋さんからもうすぐ保存している利尻昆布が無くなりそうです

「えっ!そんなはずは?・・・」

ひと粒の昆布は約2~3年の熟成期間をおいて使用します

熟成させることで昆布の旨みがよく出るのです

その昆布が底をつきはじめています・・・

b0214652_19483489.jpg


うどんの味見を兼ねての夕食です


昆布を調べると・・・・・お店で決められた分量の倍近くを使っていたのです

ウサギ当番・・・・この半年ほどひと粒の出汁が・・:・鰹が香らない

旨みはあるのだけど・・・キレがなく感動が無い!・・・自分の舌がひと粒の出汁に慣れてしまったのか?

年齢による味覚の低下か?

自問自答していました

昆布の分量が多すぎたので適正まで落としました

すると・・・・あら不思議・・・うどんだしを作っただけでカツオの香りが立つようになりました

そして今日の味見・・・・元の感動のカツオの香り強くうまみのあるひと粒の出汁に戻っていました

甘い辛いの好みはありますが

うどん出汁ではどこにも負けたくない・・・・その想いで、数年かけて開発したひと粒の出汁が帰ってきました

偉そうに開発だなんて…うさぎ当番、和食はまったく分からない分野だったのです‥(^◇^;)


不思議ですよね

昆布を増やすことで旨み成分のグルタミン酸が増えます

しかし鰹節の旨みなどイノシン酸が押さえつけられていたのです

足し算ばかりが料理の旨みじゃないのですね

引き算も大切だとわかった今日の夜のウサギ当番・・・少しだけお利口になったかな?

人生もそのように生きていきたいものですよね

さっ夜食も終えたから・・・仕事に戻ろう


ひと粒の美味しいうどん食べに来てくださいね

綾部にもたくさんのうどん屋さんがありますが、絶対にひと粒ですから(笑)

綾部じゃなくて京都府内でも・・・ひと粒ですから(笑)

by ayabe-bokujyou | 2018-11-13 20:00 | Comments(0)

綾部ふれあい牧場 公式ブログサイトです 電話0773-48-1000  11月より冬の牧場名物 幻の焼き芋が始まります 営業時間10時~17時  定休日 火曜日


by ayabe-bokujyou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る