焼き芋が甘くなってきました 12/05

例年でしたら11月中頃から甘さが増してくる

幻の焼き芋

今年は少し遅れていましたが

甘みが増し・・・自信をもって販売できるようになりました

b0214652_18130479.jpg

牧場の焼き芋が幻と名乗っているのは

お芋の品種じゃ無いのです

熟成ムロで高湿で甘みを出すのは多くのところで実施されています

それに加えて・・・・牧場でじっくりとじっくりと焼くことにより

中から沢山の蜜が出るようになるのです

品種は紅はるかです(茨城県産です)・・・・このお芋はねっとり系の甘いのが特徴です

これから寒さが増すに従って蜜が増してきます

今年は焼き芋チョコフォンデュを販売しようと計画しています・・・・まだ試食してないですからボツになるかもですが

12月中旬頃を目標に販売出来ればと予定しています


毎年一部の方のみに熱狂的ファンを持つ芋天スナック

今年は一般発売は止めて・・・・このブログだけでお伝えする

裏メニューとします・・・・・この芋天スナック・・・・・絶対的驚きスナックです

焼き芋とはまったく別物の驚きの美味しさなのですが・・・・

昨年は人気はいまいち・・・・・このブログをごらんの味の探求が大好きな方のみ販売です

普通に芋天スナックくださいとレジで注文いただければOK
(メニューには出していませんから。。。ちょっと優越感ありですよ・・・笑)

1P  300円です
b0214652_18231564.jpg


もちろん焼き芋も


b0214652_18243501.jpg

牧場の焼き芋に代表される

ねっとり系の焼き芋は

翌日ぐらいに冷えたのを食べる方が・・・・甘みが増しています

Commented by shimaka-info at 2018-12-06 00:01
う...美味しそう...。
昔から不思議に思っていたことですが、熱の伝わり方が急速だと加熱・冷却問わず常温に戻るのものも早いし細胞1つ1つの柔らかさが違うように感じます。
氷などはよく「凍結時の空気の含有率が違うから云々」と言いますが、そもそもの分子結合レベルが違う気がします。
お芋さんも急激に尻を叩かれるように扱われるより、「ま、ま、どうぞごゆっくり...」ともてなされた方が「嗚呼..暖かいな~」と心を開き蜜が増すのかも。なんて(笑)

ゆっくり生きたいなぁ~。ゆっくり年取りたいなぁ。(笑)
Commented by ayabe-bokujyou at 2018-12-06 10:35
> shimaka-infoさん
同感です
冷凍の物を解凍するときお湯に浸けるとします
沸騰した少量のお湯で解凍するのと
70度程度でも大量のお湯で解凍するのとでは
70度で解凍する方が早くとけます
カロリー量なのでしょうけど不思議です

鶏ガラでダシを取るのも一気に高温に持って行くと白濁したダシになり
じっくり温度を上げると綺麗なダシになります

昆布も65度前後で1時間ほどじっくりダシをとると美味しいダシがとれます

不思議ですよね

人間でもじっくり育てた方が味わいのある人間になるのかな?
急速に世に出てきた人が味わいがあるのか?
どちらかな?
by ayabe-bokujyou | 2018-12-05 18:31 | Comments(2)

綾部ふれあい牧場 公式ブログサイトです 電話0773-48-1000  11月より冬の牧場名物 幻の焼き芋が始まります 営業時間10時~17時  定休日 火曜日


by ayabe-bokujyou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る